クマ対策 コスメ 

アイケアのポイントと方法

目元の「アイケア」で重要な事は「目元がくっきりと見える事」、「目の下のたるみが無い事」がポイントになります。

 

目元がくっきりと見え、目の下にたるみが無いためには、「まぶた」が重要になってきます。

 

まぶたの「筋力」を鍛える事が重要です。もともと筋力の低い人は若い人でもまぶたが垂れ下がってきてしまいます。自分でできる解決策は目とまぶたに力を入れ、筋肉に一定の圧をかける事です。その時に、気になる目元のシワを指で押さえ緊張感をもたせます。

 

首をしゃんと立てて、姿勢をよくする事をこころがけて下さい。
この姿勢は口許のほうれい線を予防する効果がある事もわかっています。
なにより気道が広く確保されるので気分もよいはずです。

 

気がついたら試してみて下さい。この場合重要なのは、目をかっと見開かない事です。
見開くと、おでこにシワができてしまう事があります。見開く事でまぶたも必要以上に伸び、垂れの原因になりかねません。それでは何もならないからです。

 

今おでこに言及しましたが、まぶたとおでこは連動しています。そして頬の筋肉とおでこも連動しています。
例えば、おでこの力だけで、おでこを動かそうとするより、口許を笑う形にした方がおでこは動かしやすいのです。
この事はほうれい線予防がおでこのシワも予防する事を示しています。
つまり、おでこの皮膚が伸びた結果、まぶたが垂れ下がり、広い視界を求めてまぶたを大きく開けて「シワ」という形で、伸びたおでこの皮膚が収納されてしまうのです。

 

「アイケア」を考える時、ほうれい線、おでこもまた一緒にケアしなくてはならないと言う事です。

 

おでこのシワ対策として、例えば「ボトックス」注射が有名ですが、これは食中毒を引き起こすボツリヌス菌が顔面麻痺を引き起こす性質を逆手にとったものです。
あえて麻痺を一時的に引き起こし、表情筋の固定シワを防ぐ、という対処法です。
これはヨーロッパの一部の国では禁止されており、代わりに同じ効果が期待できるクリームが開発されました。

 

より手軽に試せる効果のクリームをおでこに塗ったり、姿勢を良くし、まぶたの体操や正しい姿勢などを組み合わせて、ご自分にあった対策を選ぶ事で、目元のみならず頬のしわなどの改善が期待できます。